なにをしているのか?


スポンサーリンク

f:id:keitaf31:20170204092523j:image

 

ある旅人が、石を運ぶ男に

「なにをしているのか?」と聞いた。

 

すると、

「見てわかるだろ、石を運んでるんだよ」と男は言った。

 

すこし先に行くと、旅人はまた石を運ぶ男に出会った。

 

同じ質問をすると

「壁を作っているんだ」とその男は言った。

 

また、さらに先に行き、石を運ぶ男に同じ質問をすると

「村の人たちが安らげるように、教会を造っているんだ」と言った。

 

あなたは何をしていますか?

 

自分がなにをしているのか?自分は何者だと思っているのか?

 

という話です。

 

自分がなにをしていると思っているかで、目の前のことの価値が変わるのです。

 

自分をどう定義するかで、自分の能力が決まり、行動も決まるのです。

 

自分で自分がどんな人なのかと思っているかで、行動が変わり、周りの環境も決まってくるのです。

 

※関連記事

www.imacoco.me