読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【雑学】ポン酢の「ポン」はどういう意味?

f:id:keitaf31:20170116225943j:plain

 

こんばんは。

 

冬本番って感じで、一気に寒くなりましたね。。
大阪も土日雪降ってました。

 

鍋がおいしい季節。作るごはんもすぐできておいしい鍋料理が多いです。

 

その鍋料理に欠かせないポン酢の話。

 

 

なんだかんだ、個人的に水炊きにポン酢がいちばん好きです。

 

 

最近知った雑学なんですが、ポン酢の「ポン」って日本語じゃないらしいです。


(どうでもいいですか・・・?)

 

 

なんとなく、今年はいろんなジャンルの記事を書けるようになりたいと思っているので、雑学から恋愛からファッションから、なんでも投稿していきますねー。

 

 

ポン酢の「ポン」は日本語じゃない。

 

ぼくは、ずっとポン酢って柑橘類の「ポン」だと思ってたんです。

 

ポン酢といえば、柑橘類の酸味が味のベースになってますよね。

 

 

で、なんとなく、

 

「ポンカン」とか、愛媛だと「ポンジュース」があったりして、、ポン酢の「ポン」もこの日本語の語感から来てると思ってたんです。

 

(そもそも、「ポン」ってなんだよって感じですが・・・)

 

 

ポン酢の「ポン」はオランダ語

 

意外にも、語源はオランダ語なのだそう。

 

オランダでは、ポン酢のことをpons(ポンス)といいます。

 

これは、ビターオレンジ、日本でいうところの橙(だいだい)のしぼり汁のことです。オランダでは、これに、お酒や砂糖をいれて、温めて飲むのだそう。

 

このponsが、日本語の酢を連想させるので、酢の字をあてて「ポン酢」と呼ぶようになったのです。

 

オランダ語から日本語になった外来語は意外と多い。

 f:id:keitaf31:20170116233505j:image

 

ポン酢もそうですが、調べてみると、オランダ語由来の日本語って意外とたくさんあるみたいです。

 

クッキー、
マネキン、
おてんば、スコップ、ペンキ、ピンセット、ソーダ、、、などなど

 

 

(・・・え、どうでもいいですか?)

 

 

まあ、まじめなことばっかり書くのもつまらないので、たまには「雑学」も書いていこうかな、と!

 

 

つぎ鍋を食べる機会に、


ポン酢の「ポン」ってどういう意味か知ってる??

 

って、得意げに使ってください。(笑)

 

 

www.imacoco.me

 

 

↑この記事の100の中にへんな雑学が入ってるのは、こういうことです。

 
(モノ知ってるほうが、人生楽しくなる。)