読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

■やる気がでないときは、こう考えるといいよ。

 f:id:keitaf31:20170113080422j:image

 

2017年がスタートして、もうすぐ2週間。

一日一日ちゃんと過ぎていますね。

 

理想を言えば、毎日「やる気満々」で過ごしたいものですが、そうもいきません。

 

自分なりにこんなことも考えたのですが、

www.imacoco.me

 

 

どうしても、「なんか今日はだるいなー」って日はあります。

 

問題は、やる気を出す方法を考えるのではなく、やる気の出ないときにどうするかなんです。

 

ということで、

 

やる気のでないときはこう考えよう論です。

 

1. やる気にこだわらない。

 

そもそも、やる気にこだわらないこと。やる気について考えないことが大切です。

 

なぜ、やる気にこだわりすぎないほうが
良いかというと、やる気にこだわればこだわるほど「行動できない時間」が増えるからです。

 

人生を変える、目標を達成するために必要なのは、やる気ではなく行動です。

 

やる気があるから行動できるように思うかもしれませんが、やる気と行動は全く別のものです。

 

やる気がなくても行動することはできます。

 

そうそう、

 

やる気がなくても、やることはできるんです。

 

これ大事です。

 

 

例えば、「今日はなんかやる気しないなー」と思ったとして、「まあ、どうでも良いか」と思えれば、なんの影響もないのですが「え?なんでこんなにやる気がしないんだろう?」って考え出すと、やる気を出すために時間を使ってしまうことになります。

 

やりたいことじゃないからでは?

目標設定がよくないのでは?

食べるもの?

昨日あんま寝てなかったっけな?

 

、、

 

などなど、「やる気がでない理由探し」をしてしまうのです。

 

本屋でモチベーションアップの本を買ったり、一日中「やる気を出すため」だけに時間を使ってしまった...ということにもなりかねません。

 

テスト勉強の途中で、机の整理を始めてそのまま一日が過ぎてしまうようなもの。大事なのは「テスト勉強をすること」なのに、そのための準備で時間がなくなってしまっては本末転倒ですね。

 

やる気にこだわりすぎて、やる気満々のベストな自分を求めすぎるのは、本末転倒です。

 

2. やる気はただのドーピング。

 

よく、新年の目標を立てた後とか

セミナーに参加した後、

本を読んだ後、

感動する映画をみた後など、

 

 

「今日から頑張ろう!」って気持ちになります。時間を大切にして、無駄にせず頑張らなくてはと思うことってあると思います。

 

けど、その気持ちがずーっと続くなんてこと今まであったでしょうか?

 

たぶん、ないと思う。

 

 

「よし、やるぞ!」って気合いを入れるやる気は、ただのドーピングみたいなものです。

 

一時的なものに過ぎません。

 

こういう「やる気」は、むしろ、すぐ冷めてしまうし、また次の刺激を求め続けることになり、継続せず、結局身になりません。

 

 

3. やる気がなくなったら違うことをすればいい。

 

やる気なんて続かないのが大前提です。

 

そして、上にも書いたように、勢いのあるやる気はタチが悪い。

 

だから、

 

やりだした途中で、疲れてしまった。集中が切れてしまった。もう、やだ。ってなってしまったときは、潔くやめましょう。

 

気分転換の時間も大切です。

 

好きな音楽を聴く、散歩してみる、おいしいもの食べる、遊びに行く、、

 

なんでもしたらいい。

 

無意識の部分で、ちゃんと「やるべきこと」が把握できていれば、時間が経てば自然と行動したくなってきます。

 

 

4. 淡々とやるのがいちばん強い。

 

やっぱり、最初に戻りますが、やる気にこだわらないことです。

 

やる気なんて出さずに、やるべきことがあるのであれば、淡々とこなす」のがいちばんです。

 

「やる気がでないこと」を理由に、やる気を出す方法を考えている時間が勿体無いです。

 

そもそも、やる気はやりだしてからでてくるものです。

 

人の脳みそはそういう風にできてます。

 

やり始めてから「やる気」が出る。っていうのにはちゃんと理由があって、やる気がなくても作業を開始すると、脳の「側座核」っていう部分が興奮してやる気がでてくる。たしか「作業興奮」って言うらしい。

 

 

だから、「とにかくやる」って大事。

 

ただただ、始めてみましょう。

  

 

 繰り返しになりますが、一番大切なことは「やる気がなくても、気にせずやること」だと思います。

 

やるべきことがあるのなら、まず淡々と始めてみることだ。