■素晴らしき小説家たち。読書が苦手だったぼくが読めた物語を紹介します。

f:id:keitaf31:20170109224754j:image

 

昨年2016年は、たぶん、これまでの人生でいちばん小説を読んだ年だったと思います。

 

パソコンやペン、そして頭と手だけで物語を生み出す小説家は、ぼくがいちばん尊敬する職業でもあります。

 

「物語を描ける」って、すごい。

 

 

子どもの頃は全くと言っていいほど小説は読めなかったので、読書家を気取るつもりはないのですが、、ぼくの経験の範囲で、凄いなと思う作家さんを紹介してみます。

 

今でも、長編の小説となると、やはり気が重くなり途中でやめることが多かったのですが、それでも物語の中に引き込まれ、スラスラ読み終えてしまったものばかりです。

 

 

村上春樹

 

定番の。ですね。

 

文体が回りくどく、嫌いな方も多いみたいですが、ぼくは好きです。

 

中でも、短編集が好き。

長編となると、途中で続かなくなってしまうことが多いので、日をまたぐことなくサクッと読める短編集が好きです。

 

おすすめはこちら↓

「女のいない男たち」文庫版も出たみたいです。

 

 

実は、村上春樹をおすすめしときながら、「1Q84」も「海辺のカフカ」も読んでません。。

 

小説ではないのですが、いちばん面白かったのは彼のエッセイ「職業としての小説家」です。小説に対する姿勢など、意外な面がたくさんあります。

 

こちらも文庫版出てます。 

ぼくは、もちろん物語自体も楽しめるのですが、それ以上に「これ書いた人はどんな人なんだ?」というほうがどうしても気になるタイプの人間なので、とても面白かったです。

 

 

中村文則

 

2016年、いちばん読んだかもしれないです。

「教団X」「掏摸」「何もかも憂鬱な夜に」などなど、、

こちらでも紹介したので、割愛。↓

www.imacoco.me

 

確か「火花」が話題になったあと、又吉さんが「教団X」を紹介してて、手にとってみました。これは、少し時間かかるけど、読んでほしい一冊。

 

■住野よる

 

デビュー作「君の膵臓をたべたい」が話題となり、読んだのがちょうど一年前でした。

 

それから、2つの新作「また、同じ夢を見ていた」「よるのばけもの」も、発売後すぐに購入して読みました。

 

小説の苦手な方にも、読みやすいと思います。どの作品も、とにかく泣ける。こころ揺さぶられます。

 

最新作はこちら↓

 

とにかく初めから読みやすく、こんな文体で書けたら楽しいだろうなと思う作家さんです。読書が苦手な人にもおすすめ。

  

川村元気

 

この人は天才だと思います。

 

世界から猫が消えたならで有名になりました。ぼくの好きな本でもあり、他の作品も読みましたが、やっぱりイチオシはこの本です。

 

本だけでなく「君の名は」など、昨年話題になった映画の多くに関わっているプロデューサーでもあります。

 

ほんとすごい。

 

最新作はこちら↓

 

www.imacoco.me

 

いちばん最近読んだ小説

f:id:keitaf31:20170106224500j:image

 

つい、最近、帯を見て「読みたい!」と思い、買いました。

 

帯で中村文則さんが

「この小説は、この世界に絶対に存在しなくてはいけない」

というくらいだから、すごい期待して読んだんですが、期待以上でした。

 

シリア出身、養子として日本人の母とアメリカ人の父をもつ主人公「アイ」の物語。

 

イラク出身、大阪育ちの西加奈子さんだからこそ書ける物語だと思いました。

 

 

だいたい新書は、買って読んですぐ売ってしまうのですが、手元に置いておきたいと思った数少ない小説のひとつです。

 

現代を生きる日本人が読むべき本だと思いました。

 

 ぜひ、一読を。

 

今年も読んでよかったなと思う本は、記録しておこうと思います。

 

 

公式LINE@やってます。

友だち追加