■お金の話。キンコン西野亮廣の独演会に行ってみた。

f:id:keitaf31:20161222121241j:plain

 

先日、お笑い芸人(今は絵本作家かな?)のキングコング西野亮廣さんの独演会が大阪であるとのことで、行ってきました。

 

 

 

テーマは「お金について」

 

僕たちは、学校でお金のことを学びません。
なぜなら、学校の先生がいちばん不得意とする分野だから。
学校の先生は、公務員なので「ビジネスをしてお金を稼ぐ」という経験をしていないのがほとんど。国にお金をもらいながら働いています。

けど、「お金を稼ぐ」とか「お金って何なのか?」って本当は、この世の中を生きる上で算数よりも国語よりも大切なことです。

そんな大切なことを子供に教えないで、学校を卒業したら「さぁ社会人として頑張れ」なんて、無責任だよなと思う。

 

お金は信用である。

 

ということで、お金の話です。

 

今回の独演会でも話されていたのは、ホームレス芸人の小谷さんの話。

 

いろんなところでこのネタは話されているので、「ああ、またか・・・」と正直思ってしまったのですが、とてもためになる話です。

 

この記事に詳しくは書いてあります↓↓

logmi.jp

 

「お金=信用」という言葉にまとめられます。

 

つまり、信用をたくさん得ている人がお金持ちたくさん得られるということです。

 

やりたいことをやるためのお金は、それを応援してくれる人がどれだけいるのか?ということが重要になります。

 

どんなビジネスでも、その人や企業のサービスやモノを購入するのに「信用」は必須ですね。

 

※重複になるので、上の記事をご覧ください。

 

常識は疑うこと。

 

お金が原因でできないこともたくさんあると思います。逆に言えば、お金を稼ぐことができれば、できないことは少ないのが今の資本主義の世界です。

 

間接的、また直接的に「人の命」まで売買できてしまうのが、今の世の中だということだと思います。怪我や病気をしても、お金がなければ治療を受けることができません。最新のテーマパークも、温泉も、学校へ通うのにも、食べ物を得るためにも、、お金は必要ですね。

 

だからお金を稼ぐことに引け目を感じたり、お金を汚いなんて言ってしまうことは絶対にいけません。

 

今まで親や学校で教えられてきた常識は疑っていく必要があると思います。これまでは、お金を稼ぐには、頑張って勉強して、いい大学へ行って、大企業に入ることが「お金持ち」の生活をするルートでしたが、

 

いま、2017年現在は、個人でお金を稼ぐ方法や、やりたいことのために資金を集める方法が無数にあります。

それも「知ってるか知っていないか」だけの違いです。

 

すごい、お金。

 

お金について、学んでいると、なんだかお金持ちな気分になってきます。そして、なぜか臨時収入が入ってきたりします。

 

これは、冗談ではなくって、

いろんな本などで、著名人の方々も言われているように

 

お金を得るためには、「お金持ちの気分でいることが先」なのです。

 

ぼくもお金をたくさん持っているわけではないですし、貧乏な時期もあったので、半信半疑でしたが、これには実感がかなりあります。

 

先日も、急きょ実家に帰ることになったのですが、行きは友だちに送ってもらい、帰りもたまたま姉が大阪へ向かうということで交通費がかかりませんでした。そして、なぜか不仲な親父が「頑張れよ」と1万円くれました。

 

 

昨年度に読んで、最もためになった本のひとつがこちらです。「なぜかお金に困らない」理由がしっくりきました。

 

 なぜ、「お金の不安をなくすこと」や「先にお金持ちの気分でいること」が大切なのか、すごく丁寧にわかりやすく説明してくれています。

 

大切なのは、「お金は、不安なところに集まらない」ということ。「不安のないところに豊かさはやってくる」ということ。

 

たとえば、お金持ちはすでにお金を持っているから「貧乏になったらどうしよう」という不安がありません。

一方、お金がない人は「お金がなくなるかもしれない...」「今月の支払いどうしよう」と、日々不安になるからお金がやってこない。というスパイラルにはまります。

 

このスパイラルから抜け出す方法をとても具体的にわかりやすく教えてくれました。

 

 「お金持ちになりたい」という方や、少しでも興味を持った方は、読んでみて損はないと思います。

 

「お金がなくても幸せならいい」は、絶対に言ってはいけない。

 

よく言われるのは、「お金がなくても幸せ」という言葉です。

 

たしかに、人生で大切なのはお金を稼ぐことではありません。

 

ぼくも、「お金はそんなにいらないし、幸せに生きれたらいいや」と思っていました。先日も、農家で生活していたのですが、「のんびり自分が生活できるだけ稼いで田舎で暮らしたいな」と思っていました。

 

けど、この資本主義の世界での幸せな生き方は、しっかりお金を動かしながら生きることだと思いました。やりたいことをするにはお金は必要。それに「お金に余裕がある状態」でやりたいことをやるほうがいいと思います。それが田舎暮らしであっても、海外であっても、会社員として働いていても。

 

お金は稼ぐ。そして、できる限りぜんぶ使い切る。使い切らない分は、ちゃんと税金を払う。

 

けど、運用して増やすのも、貯金して守るのも、美しくないなと思う。

 

人の役に立ち、お金を頂き、楽しいことや社会のために使い切る。っていう流れの中で人生終われたらいいなと思います。

 

お金はなくなったって、また稼げばいい。そうして流れの中にいることが世の中のためにもなるんじゃないかと思います。

 

■LINE@の登録はこちら↓

友だち追加