■『この世界の片隅に』


スポンサーリンク

シネリーブル梅田で、気になっていた「この世界の片隅に」を見てきました。

f:id:keitaf31:20161201191840j:image

第二次世界大戦のあたりの呉・広島を舞台にした物語です。

昭和10年ごろから20年ごろまで。映画の中でも、年と月が出てきて時系列が表示されます。

もちろん原爆も落ちます。

だから、なんとなく「戦時中に苦しみながら、健気に生きる女の子の話」に思われてしまいそうですが、、

「そうじゃなくて、もっと深いんだ」ということを言われてる方がいたので気になってました。

とても感動しました。

けど、どう感じたらいいんだろう?ってなる。泣く映画なんだけど、言葉にできない感じ。シーンひとつひとつにいろんな思いを感じました。

あと、主人公すずを演じた声優ののんさんがすごかった。(テレビないので、能年玲奈改め「のん」になったことは農園のおばちゃんの会話で最近知った。)

この人いたから、あのキャラクターが成り立つんだと思いました。

 

 

観る人が観れば、今年度NO1の映画だとも言われてます。

まだ見てない方はぜひ映画館で。

 

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■LINE@いま、ここ。
http://bit.ly/1PbAOxR
(気軽にLINE登録してください。)
Facebook
http://bit.ly/25Dm0ld
(申請あれば、だいたい承認します。)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄