読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

■社会人と学生のあいだ

f:id:keitaf31:20161129203147j:image

1ヶ月間、農園で生活し、そのまま登山したり、ボール蹴ったり、仕事を辞めてから少しゆるくニート生活を楽しんでいます。

(年内は、大阪に引きこもるつもり。)

 

ちゃんと働け、現実逃避だ、など言われるかもしれませんが、こんな感じで "ちゃんと" 生きていこうと思う。もちろん経済的に余裕があるわけではないけど、自分なりの生き方をしたい。

 

一つの会社で働くのではなく、こうしていろいろ体験していると、学生とも関わることがあります。ほかにもいろんな世代と関わります。

あぁ、自分もつい2〜3年前までは学生だったんだなぁと感じます。今でも、年齢的にも、「社会人と学生のあいだ」のような感じです。

 

なんとなく、思うことを書いておきます。

 

大企業で働くということ

f:id:keitaf31:20161130103801j:image

友人たちは、大企業や銀行などで働いてる人が多いです。

ちょうど新卒で3〜4年目、転職を考えたり、このままでいいのかな?もうここで学ぶことなくね?このままあの上司みたいになりたい訳じゃないしなー、、って悩み出す時期。

 

学生時代や地元の友だち数人と話すことが最近あったのですが、やはり「やりがいはない」みたい。(もちろん人それぞれだけど。)

 

会社にいれば、お金はもらえるし、安定もする。けど、人生のこんなにも多くの時間を費やすべきなのか、という疑問はでてくる。

 

大きな取引で数字が少し変わろうが、働いている社員の人生にどれだけ関わってくるんだろう、この日々の業務は何の役に立っているんだろう、なんで朝から決まった時間に出勤しなきゃいけないんだろう、というのが大きい企業ほどわからなくなるのではないかと思う。やっぱり、お客さんと近いことや、自分の作ったものやサービスが誰かに受け取ってもらえているという実感は大切だと思う。

 

話を聞くと、イメージしていた通りです。自分も会社勤めをしていたし、今後もどうするかはわからないので、その日々が「意味がない」とかそんな風には思いません。(個人的には楽しかったし、役に立ってることもあるはず。)

 

けど、やっぱり少しでも疑問があるなら、何かしらの方向転換を図るべきだと思います。

 

夢目標不要論

 f:id:keitaf31:20161129203416j:image

よくビジネス書にも、「夢を持つことが大事だ」「目標設定が大事だ」ということを若者へ説くものが多い。

今の会社にいるのも、入る前は、何かしら「希望」や「夢」のようなものがあったのではないでしょうか。

 

けど、「目標っているのかな?」って思うのです。

 

「夢はなんですか?」「やりたいことなんですか?」

って言われると難しい。

 

そもそもすべての人にそれぞれ「本当にやりたいこと」が存在するわけもなければ、それを見つけなきゃいけないわけでもない。だったら「目標を持て」なんてアドバイスは必要なくて、するなら「いまを楽しめ」だと思う。「目標」があるとすれば、その延長線上だ。

 

「目標を決めなきゃ」って思うのなら、それは学校教育による奴隷マインドの植え付けの結果であって。。「目標を持たなきゃ」って思ってると洗脳しやすいから。「貯金した方がいい」って洗脳すれば、お金貯めるのを目的に生きる人が出てきて、「幸せな結婚像」をテレビで流しておけば、それを目標に生きる人が出てくる。「大企業が正解」なら、そこを目指すだろう。

 

良い悪いじゃなくて、そういうことだと思う。

f:id:keitaf31:20161130113710j:image

だったら目標なんていらないんじゃないかと、、。目標を持って生きようとするのなんて、人間くらいだ。目標持って生きてる犬とかいないよね。

 

もちろん、信念とか夢とか貫く人はかっこいいと思う。ただ、そうじゃない多くの人たちが、「目標を持たなきゃ→無理矢理目標をつくる→できなくて自分を責める」なんてことになるのは違うと思う。目標がない「お前はだめだ」なんて言われる世界は嫌だ。

その場その場を楽しまないと。

 

「状態」を、夢にする。

f:id:keitaf31:20161129203524j:image

自分は、これ!って決めた目標に突き進む戦闘タイプの人間ではないと自覚してます。そうして「できる人」を目指していた時期もあったような気もしますが、あるときふと、違和感を覚えるようになりました。

 

もちろん、その人それぞれのステージで小さな目標を立てて、達成していくのが生きるってことだと思います。

ただ、「これができればハッピーエンドだ」みたいな夢は持たなくていい。たとえ、その夢に辿り着いても、また次の夢がでてくるから。

だから、夢は「こうなる」ではなく「こうありたい」っていう状態で決めるのがいい。そうすれば、ずっと夢が叶っている状態になれる。「こんな風になっていたい」というイメージを決める。

たとえば、今年からkindleで出版したり、こうしてブログを書いていたりしているのですが、これが「作家になる!」なんて目標を決めてしまうと、そこまでの道が辛くなるし、叶えても終わりはこないのです。けど、「誰かのためになる文章を書き続ける」という状態を夢にしていれば、こうして文章を書いていること自体が、夢が叶った状態なのです。

「結婚する!」ではなく「こんな人とこんな人生が送りたい」だったり、「10キロ痩せる!」じゃなくて「スリムで身軽に動ける」だったり、、

そうした「状態」に目を向けてみると「今を生きる」に繋がってくるし、その積み重ねが人生になっていくんだと思う。

f:id:keitaf31:20161130135831j:image

この前、山登ったけど、登った達成感なんて一瞬で、楽しいのは登っている最中でした。人生もそういうことだ。

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■LINE@いま、ここ。
http://bit.ly/1PbAOxR
(気軽にLINE登録してください。)
Facebook
http://bit.ly/25Dm0ld
(申請あれば、だいたい承認します。)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄