■お金を使うことは「労働すること」とほぼ同じ。


スポンサーリンク

f:id:keitaf31:20160410090116j:plain

 

ここ1〜2年で

ほとんどモノを持たなくなりました。
 
流行りのミニマリズムというやつです。
 
身軽でいたいというのもあり、
部屋もほぼモノがなく、
外へ出ることが多いです。
 
この前は、台湾行ってきたんだけど、
お金は、モノより経験に使ってます。
 
 
 
今年の目標は、ちゃんと「モノを買う」ということです。(さっき思い出した。)
 
消費社会は逃れられないし、
あまりに一般の人の感覚と乖離するのもあれなので、ちゃんと買おうと思いまして( ̄▽ ̄)
 
 
できるだけ良いもの、社会のためになるもの、手作りやフェアトレードなど裏側のストーリーのわかるものを選んでます。
 
( 自分もそういうものを扱うブランドを作ろうとひそかに企んでおります。)
 
 
 
なんか、
話がそれてしまいそうですが、
 
 
 
「モノを持つこと」って、それに対する管理の必要がでてきてしまうから、
 
 
お金を使うことは「労働すること」とほぼ同義と言えるんです。
 
 
何を労働と感じるかは人それぞれだけど、高級な車も、高級なバッグも、家も、無理してお金を使って所有することは、「労働を増やしてる」ってこと。
 
 
 
これからの豊かさは、
 
「何をどれだけ持っているか」ではなくて、「どれだけ選択肢があるか」

だと思うなー。
 
だから、お金を使うのも、誰かのために使ったり、つながるために使うのがいいと思いました(・ω・)
 
 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■LINE@いま、ここ。
(ふつうにLINEでやりとりしてます^ ^)
 
Facebook (気軽に申請どーぞ。)
 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 関連記事↓