■震災から5年。考えること。

f:id:keitaf31:20160124125944j:image

こういうことを書くのはとても苦手。
社会貢献、ボランティア、支援、、

すごく難しいから。
世の中どうしようもないことだらけだから。
自分にできることが無さすぎるから。



いろんな論理をすっ飛ばしてしまえば、
「自分にできることをする」だけ。
というより、「目の前を全力で生きる」だけだ思う。

(すごく抽象的になってしまうけど、、)


復興支援活動はまだまだ行われていて、支援が必要な人たち、場所がたくさんある。

できることと言えば、忘れないこと。

5年が経つけど、毎年こういう時期に一時的に啓発されるだけじゃなくて、小さなことでいいから続けること。


けど、復興支援に関して僕が偉そうに意見できることはないと思ってます。当事者ではないから、、。


僕は阪神大震災も経験していなければ
東日本大震災もほぼ被害を受けていない。


あの震災による僕への実害は、その次の週に長野で行われる予定だったフットサルの全国大会が中止になったことくらい。


誤解を恐れず言うと、
僕は本当の意味で東北がどういう状況なのか知らないし、
だから、偉そうに復興支援どうこう言えない。




けど、

今更かもしれないけど
東日本大震災で教訓を得て欲しい、というか、改めて思ったのは

メディアは平気で嘘をつく。

ってことだと思う。


利権とか、よくわからないどうでもいいことで、「人の命を軽く見る人たちがいる」ってこと。


知れば知るほど、世の中クソだなと思うことばかりで。震災だって、作られたものだって説もあながち間違いじゃないと思う。


もう一つは、

人は死ぬんだ。

ってこと。


当たり前だけど、いつ何が起こるかわからない。この前も、バスの事故で同世代くらいのコ達が亡くなった。

こうして今ブログを書きながら乗ってるバスだって、事故が起こって、僕がこの世からいなくなる可能性もある。次の震災がいつ起こるかなんてわからない。

( 僕がいなくなったところで、これを読んでる多くの人にたぶん影響はないし、知られることすらないかもしれないけど。)



だからこそ、「いま、ここ。」を全力で生きたいと思う。いつもいつもそんなこと頭に入れておくことは難しいけど、できる限り覚えておきたい。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■LINE@いま、ここ。
 
 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄