■「論理」より「感性」が先である。直感に従うべき理由。


スポンサーリンク
f:id:keitaf31:20151030002719j:image
 
最近になって、思ったこと。
 
 
【論理より感性が先】
 
 
これは、自分の場合だけど、
 
 
*何か行動をするとき
*目標を立てるとき
*選択を迫られたとき
 
 
あんまり理由を考えない。
そのときやりたいと思ったからやる。
生きたいと思う生き方を選ぶ。
 
 
 
 
 
だから、
 
「お前なんでそんなことしたの?」
 
とか
 
「なんでそれをしたいの?」
 
とか
 
 
理由を聞かれると
いやになることが多い。
 
 
 
うまく説明できないから。
なんとなくの直感だから。
説得するのが面倒だから。
 
 

 
周りには「何も考えてない」と思われる。
 
 
 
 
けど、後になってから (最近←)
 
 
 
自分は、
 
 
あのときは、ああなりたくて
ああゆうセルフイメージを持ってて
あのことに価値観を重くおいてたから
あの選択をしたんだなぁー
 
 
って、(論理的に?)
理解できるようになる。
 
 
 
たぶん、そのときも同じ理由だったんだけど、それを【言葉】として捉えていなかったんだと思う。
 
 
 
けど、なんとなく
それが正しいっていう自信はあって
 
 
なに言われようと
反対されようと
わがまま言ってた。
 
 
大学を休学したときも
留学をしたときも
いまの生活も
 
 
だから、
 
 
なにが言いたいのかというと
 
 
【論理的に説明できなくても、そのときの直感に従うことも大事】
 
 
ということ。
 
 
理由づけなんて後からできるし、
後から気付くもの。
 
 
(※これは、持論なので
あまり参考にしないでください。←)
 
 
 
 
ただ言えるのは、
 
 
「今やってることは、どこで役に立つかわからない」
 
 
ということ。
 
 
スティーブジョブズの言ったように
 
【点と点はどこでつながるかわからない】
 
 
だから
 
 
いま何かに迷っている人、
動き出そうとしているけど、
反対されるから諦めそうな人、
反対に対して理由をうまく言えない人
 
 
自信を持って、自分の感性を大事にしてほしい。
 


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
■LINE@いま、ここ。
(現在130名ほど登録頂いています。)
 
Facebookも気軽に申請してください^ ^
 
 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄