■不安情報だらけの世界でどう生きるのか。


スポンサーリンク

f:id:keitaf31:20151027202754j:image

 
 
 
 
 
 
アメリカの広告業界は、
僕たちにモノを買わせるために年間4000億ドルも費やしている。
 
 
世の中は、
 
 
「買わなきゃ恥ずかしい。」
「持ってなきゃ恥ずかしい。」
「こうじゃなきゃ恥ずかしい。」
 
 
と不安に思わせる情報で溢れている。
 
 
 
化粧品や新薬など、
広告費に莫大なお金が投資されているのは周知の通りだと思う。
 
 
薬がいちばんタチが悪い。
ここ数年ぼくは病院に行ってないし、
薬も飲まない。
 
 
あなたが病気にならないと
病院や製薬会社は儲からないから
 
 
世の中には、「あなたを病気にさせる情報」が溢れている。
 
 
 
モンサント社のこととか、
いろいろ調べたら、
ほんとに腹が立つことが多い。
 
 
GMO OMG」
って映画ぜひ観てほしい。
 
 
人を病気にさせて、それでお金儲けをしている世界の構造には腹が立つ。
 
 
 
「どうしようもない」のもわかってる。
1%の人たちが、99%の僕たち凡人をコントロールしてるから。
 
 
 
 
けど、「そーゆうもんなんだ。」
って視点を持っておくことが大切だと思う。
 
 
そんなこと知っていようが、
知らなかろうが、
日々を楽しく生きることに苦労ない。


 
これから情報がどんどん増えて、
何を信じたらいいのか
どの情報が正しいのか
っていうことを知ることが大切になる。
 
 
 
だから、個人が素直な視点で発信することにはとても意味があると思ってる。
 
 
 
■価値は自分で決めなきゃいけない。
 
 
 
自分が信頼できる人間であること
自分が生きてるってこと
自分のメディアを持つこと
 
 
そこに価値がある。
 
 
 
 
世の中は、「不安情報」だらけだ。
「足りない」って思わせる情報ばかりだ。
 
 
もうモノで溢れてるから
すでに豊かだから、
 
不安にさせないと、
モノは売れないんだ。
 
 
 
さっきも言ったけど、
「そーゆうもんなんだ」
って視点が大事だと思う。
 
 
 
来るかもわからない「老後の不安」を煽って、
よくわからない保険を勧めなきゃいけない。
 
絶対的に正しい体形なんてないのに、
太っているのはダメだと思わせなきゃダイエット商品は売れない。
 
ファッション業界は、毎シーズン流行を創り出す。「これがトレンドだ」って莫大な広告費をかけて宣伝する。
 
 
 
 
ぼくは別に
製薬会社で働く人を批判したり
金融商品を売って、生活費を稼ぐのをやめろって言ったりしたいわけじゃない。
ファッションも好きだ。

 
 
否定する、しないという問題じゃなくて、そうしないと経済は回らない、ビジネスは成り立たないってこと。
 
 
上場している会社は、毎年の増収を強いられる。
上を目指さなきゃいけない。
そこで働く人の生活もそれによって支えられる。
 
 
否定したいわけじゃない。
 
 
ほんとは「必要のない」モノを「必要がある」って思わせるのがマーケティングだから。
 
 
 
「そーゆうもんだ。」
っていう前提で生きること。
 
 
 
「価値は自分で決めること」
が大切だと思う。
 
 
 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
■LINE@いま、ここ。
(現在130名ほど登録頂いています。)
 
Facebookも気軽に申請してください^ ^
 
 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 
 
どっちでもいい話。