読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲学

「都会が嫌」だった?そんなことない。大阪はいいとこだ。

大阪での生活もあとわずかになりました。4月1〜4日に一時的に愛媛に帰り、10日から本格的に向こうでの生活になります。 「地域おこし協力隊」ということで、地方の地域活性化の活動に携わります。 いま関心のあることが「地方での暮らし」なわけですが、都会…

誰かを傷つけるのは、傷つけられている人だけ。

人の悩みのほとんどは「人間関係」だといいますね。 友だち、恋人、上司、家族、、 まあ、いろいろと関係があり、 それなしではなかなか生きるのは困難なものでして、どちらかといえば一人で居たいタイプのぼくも、できる限り良好な人間関係をつくりたいと日…

ほんとうにやりたいこと

ほんとうにやりたいことは何なのかといわれると、よくわからない。 夢なんてものはない。 ただやりたいなって思った予定が目の前にある。 予定が変われば、夢も変わる。 夢なんてそんなもんだ。 やりたいことをやってる人は、 「やりたいことをやろう!」な…

やり方は後から考える。

「やりたいな」って思ったら やり方は後から考えるくらいでいい。 いろんな情報がすぐに得られるようになったから、みんな先に「コツ」を知ろうとしてしまう。 けど、やり方は後から考えるくらいでいい。 じゃないと絶対にやらない言い訳がでてきてしまうか…

26歳になりました。今後の予定など...

今日で26さいになります。 昨年、新しく5年日記なるものをはじめたのですが、5年日記では、今日の日記の上の欄に昨年の今日の自分の日記が見える仕組みになってます。 ※5年日記についてはこちら www.imacoco.me ちなみに昨年は、仕事終わりにひとりで寂しく…

「伸びしろ」が大事。

昨晩、愛媛から大阪に帰ってきました。 いま、ジム。 で、筋トレしながら思ったんですが、 人生たのしむために大事なのって「伸びしろ」とか「可能性」「希望」があることだな、って改めて思いました。 昨日よりも重いものが上げれるようになる 昨日よりもタ…

人は、なぜ悩むのか?

どれだけ文明が発達しても、人の悩みは尽きない。 人が悩むようになった話。 「遊動生活」から「定住生活」へ どれほど快適な場所でも、長く同じところに滞在していればそこは荒廃する。食糧はなくなるし、排泄物で汚れる。だから、人類は1万年くらい前は、…

たった「1分間」で人生を変える。

ぼくは、 「なんだかなー」「うまくいかないなぁ」「すっきりしないなぁ」 ってときは、 あ、そうだ!瞑想だ! ってなります。 そうすることにしてから、 だらだらと悩むことがなくなりました。 たった1分で人生は変わる。 「人生変わる」というと大げさと思…

「求めない」から、うまくいく。人生にコペルニクス的転回を。

僕は、パチンコも麻雀もできない。 競馬には興味があって、一度ネットでかけてみたけど結果すら見てない。。 (ちなみに、競馬はちゃんと情報を買えば勝てる。) シドニーにいるときに、一度だけカジノに行った。 あの雰囲気は好きだった。 当時のルームメイ…

人生を変えたいなら、根拠ある行動はやってはいけない。大切だと思う3つのこと。

ぼくは、中途半端な自分がいやで、高校卒業あたりからずっと「人生変えたい」って思ってました。 サッカーはそこそこうまくて、 勉強はそこそこできて、 そこそこの国立大学へいき、、 きっと望めば「そこそこの人生」を送れるのだと思っていた。 そこそこの…

怒ってはいけない。

僕は、基本的に怒ることがないです。 不機嫌になったり、いらいらすることもありますが、、 声を荒げて怒るようなことはないです。 ずっとサッカーしてたんですけど、 いくら相手に理不尽なファウルをされても、基本シカトしてました。 怒っても仕方ないので…

Appleとスティーブ・ジョブズについて意外と知られていない10の事実。

(出典:50 Facts You Didn't Know About Steve Jobs and Apple : People : BOOMSbeat) 最近よく利用しているdTVで、「スティーブジョブズ 自由の精神」というBBCのドキュメンタリーを観ました。 Appleとスティーブジョブズの成功に関するドキュメンタリー…

ジムに通う人は、自分勝手が多いと思う。自戒も含め

2月は、毎日ジムに通うことにしています。 で、ふと、 思ったのが、タイトルのこれ。 ジムに通う人は、自分勝手、、。 ※もちろん個人的な見解です。 ジムにいるときって、基本自分のことばっかり考えてる。 当たり前のことですが、自分が強くなりたくて、い…

なにをしているのか?

ある旅人が、石を運ぶ男に 「なにをしているのか?」と聞いた。 すると、 「見てわかるだろ、石を運んでるんだよ」と男は言った。 すこし先に行くと、旅人はまた石を運ぶ男に出会った。 同じ質問をすると 「壁を作っているんだ」とその男は言った。 また、さ…

手段価値と目的価値

僕たちは、何かを追い求めることに夢中になるけど、「自分がなにを大切にして生きていきたいか」をあまり考えない。 それは、小さい頃から「欲しいものを手に入れると、幸せになれる」そして、「幸せになることが大切だ」と教えられてきたから。 価値観は「…

地球物語。

ぼくたちは、一応「自分が主人公の物語」を生きているわけですが、それと同時にたくさんの「物語」を生きています。 人は、物語を消費しながら生きている。 ぼくはいま、iPhone5Cを使ってこの文章を打っているのですが、ぼくはAppleの物語も消費しています。…

世界を変えるには「世界を変えよう」なんて思わないことだ。

けいたです。 いきなりですが、皆さん「世界を変えるため」にやってることってありますか? 僕なりにやってることは、前にも記事に書いた通りですが、、 www.imacoco.me (やってないですね...) まあ、改めて考えてみても、 世界を変えようなんて思わずに、「…

執着しないこと。

僕が人生で大事だなと思うことは、執着しないことです。 それについて、改めて考えてみました。 人生は、常に「道半ば」である。 まず、 意識してないと忘れちゃうんですが、これ大事ですよね。 人生は常に「道半ば」である。 どの時点で終わるかわかんない…

お前の仕事も車も財布の中身もお前とは一切関係ない。

好きな映画のひとつ「ファイトクラブ」の中で、ブラピ演じる主人公タイラー・ダーデンのこんな言葉がある。 You are not your job, you're not how much money you have in the bank. You are not the car you drive. You are not the contents of your wall…

■記号として

これからの時代、「どんな記号になるのか」って大事だと思うんです。 人間を記号としてみる 「記号論」って考え方があります。 たとえば、 人間を記号としてみてみる。 そうすると、「サラリーマン」とか「学生」とかが記号ですね。 具体的な誰かを示すわけ…

■変わらなくても、幸せになれる。

チュマシュ族の生活 アメリカの先住民のチェマシュ族は、カリフォルニア州南部の海沿いに何千年にもわたって暮らしていた。 彼らはずっと、本物の豊かさと繁栄を謳歌していた。 小さな村に住み、住民たちは強いきずなで結ばれていた。 まわりにある自然の素…

「田舎暮らし」のメリットとデメリットを考えていたら、「半農半X」という生き方を見つけた。

昨年あたりから、山登りやら農園生活やらで、「田舎」といわれる場所を訪れる機会が多いです。 ほんと、足を運ぶだけでもしてみてほしい。 ふだん、都会での買い物になれ、オフィス街と自宅の往復になっているサラリーマンの方などにはぜひおすすめします。…

■思いは言葉に。

はてなブログのキャッチコピーです。 「思いは言葉に。」 すごくシンプルでいいコピーですね。 言葉にすれば、思いは叶う。 よく、やりたいことは紙に書き出すと実現すると言われますが、それは本当だと思います。 事実、ぼくもノートに書いたり、思い続けた…

■やる気がでないときは、こう考えるといいよ。

2017年がスタートして、もうすぐ2週間。 一日一日ちゃんと過ぎていますね。 理想を言えば、毎日「やる気満々」で過ごしたいものですが、そうもいきません。 自分なりにこんなことも考えたのですが、 www.imacoco.me どうしても、「なんか今日はだるいなー」…

■感情はコントロールするな。

よく、 「感情をコントロールしよう」 とか 「何があってもポジティブでいよう」 みたいなことが言われる。 僕も、たぶん、同じようなことを過去に言っていた気がする。 けど、いろんな経験をして、感情をコントロールする必要なんてない、と思い直しました…

■成人式から5年経って思うこと。

昨日は、成人の日だったみたいですね。 なんとなく、あれから5年経つんだなあと思い、いろいろと考えてみました。 友人と会うと「早いなー」という話になりますが、ぼくの実感としては、長かった、、。 20歳になった頃は(あ、早生まれだから成人式のとき19だ…

■自分と心。

仏教の世界では、 ブッタは「外の世界に答えはない」と言います。 この世界に溢れている、どんな記号も、価値観も、思想も、宗教も、ぜーんぶ人間の心が作り出したもの。 それらはすべて自分自身の心とは違うものです。 一時的に救われるように感じることが…

いつか死ぬと思ったら、いろんなことがどうでもよくなった。

年末ジャンボに当たろうが 会社で大きなミスをしようが 学校でいじめられようが 大きな大会で優勝しようが 大企業に就職しようが 世界一周しようが 彼女に振られようが、、

■「アイツめちゃくちゃ上手かったんだけど、怪我で辞めちゃったんだ。」なんて、嘘。

スポーツやってたから分かる。本当は続けたかったんだけど、 「怪我が原因でやめました。」 なんて、嘘。 「辞めたい。」って言いながら会社を辞めない人も、辞めたいなんてほんとは思ってない。 「辞めたいのに辞めれない。」 なんてのも、嘘。 辞めないの…

■旅と生き方と地球と出会いと。

道端で知らない外国人に会った。彼は絵を描く。これまで60〜70ヶ国くらい旅をしているのだそう。27歳。これまでの経験からたぶんゲイ。話しかけられたのはそうゆう理由もあると思う。なぜかゲイにモテる。 絵を描いてもらったお礼にカレーをご馳走した。彼は…

■ゲームのルールを変えれば、人生は100倍楽しくなる。

どんな状況でも「その人がどう捉えるかが全て」ってよく言われますが、ほんとうにそうで。

■「欲望」の貧困。

やりたいことは? 欲しいものは? って聞かれて、すぐに答えられないことってあると思います。

■「愛してる」と言わない日本人。

以前からよく観ているYoutubeチャンネルがあります。

■地球に優しい。

こちらでも書いてしまったけど↓ keitaf.hatenablog.com 「地球に優しい」という言葉に胡散臭さを感じてしまう捻くれた自分がいる。 「当店は、環境のために再利用できる◯◯を使用しています。」 なんていう文言をよく見かける。 本当に環境のためなのか?地球…

■ファッション。

学生の頃ほど、おしゃれに気を使わなくなった気がする。 いや、気は使っているのだけど、シンプルなもので、サイズ感とか、着心地を重視するようになった。 服資材の会社にいたから、着るものにはふつうの人より関心がある。生地の種類とか、それがどこから…

■社会人と学生のあいだ

1ヶ月間、農園で生活し、そのまま登山したり、ボール蹴ったり、仕事を辞めてから少しゆるくニート生活を楽しんでいます。 (年内は、大阪に引きこもるつもり。) ちゃんと働け、現実逃避だ、など言われるかもしれませんが、こんな感じで "ちゃんと" 生きていこ…

■「命を頂く」ということ。

2回目のキウイ農園での生活も気づけば2週間以上が経過しました。 一時は断食したり、朝食も食べないのが当たり前な生活をしていた自分ですが、こちらに来てから朝昼晩しっかり3食たべています。少食、断食のメリットもありますが、やっぱりおいしいご飯がお…

■自分なんてどこにもいない。

誰にでも、明るい部分もあれば、暗い部分もあります。外では強いと思われている人も、家の中では泣いているかもしれません。暗くネガティヴな人だと思っている人にだって、嬉しくてたまらない瞬間はあるはずです。結局、周りの人には「自分が見せている部分…

■世界との関わり方を探すために「シェア」をする。

インターネットというものが、僕が4歳ぐらいのときにできたらしい。 それから、スマホができ、FacebookなどのSNSが広まって、世界中70億人が繋がることが可能になったわけだ。 少し視点をあげてみると、改めてすごい世界を生きてるなーと思うのです。 今の…

■「シェアする」ということ。

いつか有名なマーケッターのセスゴーディンさんが、自身のブログでこんなことを言ってました。 You are what you share. 僕が、ブログなどで発信するようになった理由の一つです。 You are what you share. つまり、 「何をシェアしているか」があなたである…

■「自分のストーリー」を描くために必要な3つの要素。

何年か前にダウンロードしていた、とある人のとある音声をなんとなく聞いてみた。「自分の人生を生きる」「自分のストーリーを描く」というテーマの講演です。 大切な3つのこと。メモがてら書いておきます。自分の好きなことをしながら生きていくために大切…

■「正しいこと」は正しくない。

「正しいことはない。」「どっちでもいい。」ってことを、このブログでも何度か書いてました。 keitaf.hatenablog.com 「正しいこと」は正しくない。 これを知ってから、人間関係もいろんな悩みもなくなりました。 困ることも悩むこともあるけど、「ま、いっ…

■この世界に個体は全く存在しない。

この世界に個体は全く存在しない。 自分の体も、持っているスマホも、座っている椅子も、履いている靴も、すべて形を持った物質ではありません。 個体に見えるこの世界をいちばん小さい単位まで分解すると、そこに現れるのは踊る素粒子と無の空間です。 物質…

■「何もかも憂鬱な夜に」中村文則という小説家がすごい。

何度か読んでしまっている本です。 中村文則さんの本は、又吉さんの「火花」が流行った時に紹介されていた「教団X」をふと本屋で手にとってから読むようになりました。 教団X posted with ヨメレバ 中村 文則 集英社 2014-12-15 Amazon Kindle 「教団X」の衝…

■思いのままに人生をデザインする方法。

僕は、「自己啓発は必要だ」と思っているタイプの人間です。人は自分の頭で考えたと思うことも、多くは「思い込み」や過去の出来事、これまでの思考で選択してしまったりする。他人にも影響されます。思いのままに人生がデザインできるようになり、お金や人…

■「忘れる」ということ。

人間の記憶は、1日に75パーセントが失われてしまうそうです。 僕はあまり記憶力はよくないので、よく忘れてしまいます。 とくに、過去の出来事や思い出をすぐ忘れる。。だから、文章書いたり写真を撮るようにしています。 けど、「忘れる」にはプラスの側面…

「大体」という感覚を大事にしたい。

「これだけやったのだから、これだけ貰わなきゃ損!!」 という、なんでもかんでもイコールの関係してしまうのはやめて、「だいたい」という感覚を大事にしたい。 イコールでなきゃ納得しない人も多いけど、自分は「大体でいいよ」という感覚でいたい。 イコ…

■自分の行為は世界に響いている。

自分のどんな行為も、他の行為や考え、決断などの誘因となる。その行為がまったく何も影響を及ぼさないなんてことはない。 自分の行為によっていったん起きた事柄は、いつもなんらかの形で次に起こる事柄と結びついている。 遠い過去の人々の行為も、現在の…

■ブログを書き続けるために必要なこと。ブログで収益を得るために必要なこと。

なんだかんだこのブログも150記事くらい書いています。他にもいくつか運営したり、月に数記事は在宅ライターで書いてみたりしているので、まぁまぁ文章を書いてます。誰にも言わずに書いているものもあります。 はじめのほうは毎日のように書いていたので「…

■食べて、祈って、恋をして。

「食べて、祈って、恋をして」という映画を思い出した。(なぜかはわからないけど、ふと。) 離婚した女性が世界を旅する話。簡潔すぎるけど、一言で言えばそんな映画であります。 ここ最近は、食べること、運動すること、に重きを置いて生活しています。「重…